廃車買取その1

大宰府から西鉄二日市までの折り返しは、8000系の「旅人」ラッピング車に当たった。平成元年に登場してずっと特急に運用されてきた8000系も、後継の3000系にバトンを渡し、廃車が進行中。そんな中、大宰府観光列車としてラッピングされた「旅人」に当たったのはラッキーだった。

新型車両らしく、車内には案内ディスプレイが装備されている。途中、こんな表示が出た。んん??? 「三国が丘」って!? 毎日通っている駅と同じ名前である。確か昔はなかったので、沿線開発に伴って新しくできた駅と思われる。それにしても、一気に日常に引き戻された気分になった。

小郡からは普通大善寺行き。これまでの乗り継ぎでわかる通り、西鉄は福岡から大牟田に向けて、典型的な「先細り」ダイヤとなっている。

この後さらに乗り継ぎは続きます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

CAPTCHA