「最後の講義」、福岡先生の回ね。

ノックアウトマウスの話がありまして。

…いえ、ぶっ倒れるまでなんかさせたわけじゃないですよ(笑)

生物学の実験で、あるんですよ。

臓器とか、最近は遺伝子とかね、の役割がわからないときにやる実験なんですよ。

そのはたらきを調べたい臓器とか遺伝子を、取っちゃうんですよね。

取っちゃって、どうなるかを見るんですよね。

何かはたらきをしているなら、取ったらそれができなくなるでしょ。

それで、はたらきがわかるってことなんですよね。

で、その臓器やら遺伝子やらを取った実験マウスが、ノックアウトマウスってことなんですね。

で、ある日事故車買取、福岡教授がノックアウトマウスを作って経過をみてたらしいんですが。

まったく、通常のマウスと変わらない。

しばらくしてからわかるのかな、と思って継続して観察してたけど、結局、違いがわからないまま、寿命を迎えてしまった、と。

これ、その遺伝子…って言ってたと思う…がなにもしてなかった、とも言えますが。